今年後半の注目株 見守りロボット「Tapia」がまもなく登場

コラム 】 2016年4月27日

タマゴ型の見守りロボットTapia」が6月発売開始されます。

気になるお値段は…. 9万8000円(税別)

比較的手が届きやすい価格ですね。

⇒参考記事 DMM、タマゴ型の見守りロボット「Tapia」を6月に発売へ(CNET Japan)

tapia01

まず最初は独居世帯アクティブシニア層核家族単身者などに向けて拡販していくとのことで、特に独居高齢者などでは、健康ライフスタイルTapia見守ることで、万が一異常を検知したら、別の場所に住む家族や関係者のスマートフォンにメール等で通知してくれるそうです。

これは優しいですね。

また白くて丸いデザインは部屋にも溶け込みやすく
癒やしのコミュニケーション相手としても重宝されそうです。

 
Pepperのように自律移動はせず固定式ですが、
上体を傾けたり方向を変えることで、顔にあたる部分の位置や方向を変えられます。

上体は垂直方向に30度、左右方向には175度の動きが可能で、
顔に広角カメラが装備されているので防犯・監視用のカメラとしても活用でき、
スマートフォンなどで外出先から遠隔操作し向きを変え見たい場所を写すこともできるようです。

 
これは久々にヒットしそうな予感がするロボットですので
6月の発売以降も継続的にウォッチしていきたいと思います。

tapia09

 

– WEBカメラで防犯・監視・ペット見守り [どこでも携監 ] –